ほうれい線 ダイエット

ダイエットがほうれい線の原因に…美肌を維持してキレイに痩せる!

キレイになりたいと一生懸命ダイエットに励み、体重は減ったのになぜかほうれい線が目立つようになってしまった…という方は意外に多く、美肌にとってはダイエットがマイナスに作用してしまうこともあるようです。

 

間違ったダイエットは美肌や健康を阻害するケースもあり、せっかくダイエットを成功させるのであれば、ほうれい線のない美肌を維持してキレイに痩せていきたいものです。
そこで今回は間違ったダイエットが肌に与える影響についてご紹介していきます。

 

間違ったダイエットがほうれい線を目立たせる!?

 

美容や健康のために頑張ったダイエット。
目標体重をクリアするために無理なダイエットで急激に体重を落としたことで、今まで全く気にならなかったほうれい線が目立ちやすくなってしまうことがあります。

 

ダイエットには様々な方法がありますが、一番簡単で確実な方法ということでかなりタイトな食事制限をしてしまう方が多く、食事を制限することで体重自体は減りやすいと言えますが、慢性的な栄養不足となり、健康な肌状態を維持することが難しくなってしまいます。

 

ほうれい線を目立たせる原因となっているのが表情筋と言われる口周りの筋肉の衰えです。食事制限により筋肉に必要な栄養が届けられなくなることで、お顔の筋力が低下し支えられなくなった肌にたるみが生じ、ほうれい線を目立たせてしまうのです。

 

また急激に痩せたことで肌の収縮が追い付かずに、肌がたるむことでほうれい線の原因になってしまうケースも考えられます。

 

ほうれい線は年齢肌のお悩みというイメージが強いですが、過度なダイエットによって20代でも肌の老化を加速させることになり、ほうれい線以外のシミ・シワ・くすみ・乾燥などの様々な肌トラブルも生じることになります。

 

急激なダイエットは栄養面だけではなく、精神的にも大きなストレスを抱えることになり、ホルモンバランスも乱れがちに…。
ホルモンバランスの乱れは更に肌の老化を進め、肌のハリを失わせる原因になっています。

 

その他、ダイエットごとにリバウンドして、痩せたり太ったりを繰り返していると、一度伸びた肌が変化に対応できず、そのままたるみへと繋がり、ほうれい線を目立たせることになります。

 

ダイエットは適切に行えば、美容や健康のためにとても良い習慣になります。
しかし間違った方法でダイエットを続けてしまうと、肌だけでなく体全体の免疫を低下させてしまうので、注意しましょう。

 

美肌を保ってキレイに痩せるダイエット法!/h4>

 

食事制限は一時的に体重が減少しますが、食事を元に戻すとリバウンドしやすいダイエット法です。美しく健康にダイエットするためには、栄養バランスの良い食事を1日3食しっかりとりながら、筋力をつけることが重要になります。

 

体重ばかりを気にしていると失敗してしまうので、数字よりもスタイルやボディラインを意識してダイエットするようにしましょう。毎日少しずつでも体を動かしたり運動したりする習慣をつけて、筋力をアップさせるように意識することが大切です。

 

体に筋肉がつけば、徐々に脂肪が燃えやすい身体となり、体が引き締まっていくはずです。
脂肪よりも筋肉の方が重いため、筋肉がつくことで一時的に体重が増加したり、全く減らなかったりすることもありますが、確実にスタイルアップへ繋がります。

 

栄養バランスの整った食事や適度な運動習慣により、体の代謝や免疫力が高まるため、ハリのある健康的な肌を維持することができます。正しい方法でダイエットを行えば、ダイエットによってほうれい線が目立ってしまうこともないでしょう。

 

急激なダイエットによってほうれい線が目立ってしまった場合は、口の周りの表情筋を鍛えることで、肌のたるみを改善することができます。
表情筋を鍛えるためにはお顔のエクササイズがオススメです。

 

まず舌を思いっきり前に5回突き出します。その後、上・下・右・左も同様に5回ずつ舌をつきだしましょう。最後に舌を右回りにゆっくり1周、左回りにもゆっくり一周することで、普段使わない表情筋を動かし定期たるみを改善していきます。

 

このようなお顔のエクササイズも、ダイエットの一環として毎日の習慣にしてみましょう。

 

間違ったダイエットは美肌の敵!

 

間違ったダイエットは美容や健康を阻害してしまう原因になります。
無理なダイエットを繰り返していると、ほうれい線などのお肌のお悩みを深刻化し、どんどんと改善が難しくなってしまいます。

 

ダイエットによってほうれい線が気になり出した時は、お悩みが深刻化する前に対処し、正しいダイエットを行うよう心がけましょう。