ほうれい線 原因

ほうれい線の原因は何?美肌を保つための20代からの対処法

年齢肌のお悩みとしてよく挙げられる、ほうれい線。最近は20代でもほうれい線が気になり始める方が増えています。なぜ20代でほうれい線が気になり出してしまうのか、今回は20代肌に影響を与える問題点についてご説明していきます。

 

エイジングだけではない、20代でほうれい線が目立つ原因は何なのか、ぜひ参考にして適切な対処法を考えてみましょう。

 

20代からほうれい線が気になり始める原因は?

 

気になるほうれい線を何とかしたいのであれば、まずはなぜほうれい線が目立つようになってしまったのか原因を知り、原因に対して効果的に対処することが重要です。

 

ほうれい線の原因は加齢であることが多く、年齢肌のお悩みというイメージの方も多いのではないでしょうか。ほうれい線が目立つ原因は年代によっても違うので、20代は20代の原因に合った改善方法でお手入れすることが大切です。

 

20代でほうれい線が目立つ原因として挙げられるのが、肌の乾燥・骨格・日頃の姿勢の3つの要因です。
では一つ一つの原因を詳しく見ていきましょう。

 

まず20代でもほうれい線が目立つ方の肌質を見ると、多くの場合が乾燥肌であるという共通点があります。肌が乾燥しているということは、細胞と細胞をつなげうるおいを維持するために重要な細胞間脂質や皮脂が少なくなっているという状態です。

 

細胞間脂質や皮脂が減少しうるおい不足に陥った肌は、ハリや弾力を維持するのが難しくなり肌がたるみ、ほうれい線が目立つようになってしまうのです。

 

また肌が乾燥していると肌を守るバリア機能が低下してしまい、紫外線などのダメージを受けやすくなります。バリア機能が低下した肌はより内部にまでダメージの影響を受けるようになり、ハリや弾力に重要なコラーゲンを破壊し、ほうれい線が深刻化してしまいます。

 

次に注目したいのが、骨格が原因で目立つほうれい線です。骨格は生まれながらの特徴なので、骨格自体を変えること難しいと言えるでしょう。骨格によりほうれい線が目立ってしまう原因は、その骨格に対する筋肉や脂肪の付き方が影響しています。

 

ほうれい線が目立ちやすい方の骨格は、顎が細い・頬高・丸顔などの特徴が挙げられます。比較的顔に脂肪がつきにくく、頬と口周りの筋肉に高低差が現れやすいとほうれい線が出やすくなります。

 

そして最後に日頃の姿勢による原因です。ほうれい線は、口周りや頬の筋肉の筋力の低下により、たるみが生じることで目立ちやすくなります。顔の筋力は生活習慣によって影響を受け、低下してしまうため、日頃のクセや習慣にも注意が必要です。

 

特に注意が必要なのが姿勢の悪さです。最近はスマホやパソコンを長時間使用する方が増えており、気付かないうちに背中が丸まり、猫背になりがちです。このような姿勢は顔や首周りの筋力を低下させ、皮膚がたるみやすくなり、ほうれい線が目立つようになるのです。

 

また片側だけ頬杖をついたり、横向きに寝たりする習慣があると、片側だけほうれい線が濃く目立つようになることがあります。このように顔の筋肉の使い方に左右差があるとバランスが崩れやすくなります。

 

このような原因により20代でもほうれい線が目立ちやすくなってしまいます。
毎日の生活を振り返り、ほうれい線が目立ちやすくなる原因に、思い当たる点がある方は多いのではないでしょうか。

 

ほうれい線を改善するために必要なこと

 

ほうれい線の改善で一番重要になるのが毎日のスキンケアです。乾燥によりほうれい線が目立ってしまう場合は、徹底して保湿のお手入れを心がけることが大切です。
肌がうるおうと、バリア機能が強化し、ダメージに負けない肌へと変化していきます。

 

肌がうるおい健康な状態に保たれると、徐々にハリや弾力がお肌に戻り、ほうれい線が気にならないふっくらとしたハリ肌へと近付けます。

 

また肌のバリア機能が低下している時は、肌が紫外線などのダメージを受けやすい状態にあるので、日中は保湿のケアとともに紫外線対策のお手入れも行うように心がけましょう。

 

そして姿勢が原因でほうれい線が目立っている場合は、猫背や前傾姿勢に注意することが大切です。オフィスワークで長時間同じ姿勢で仕事をしている方は、定期的に伸びやストレッチを行い、凝り固まってしまった姿勢を改善するように意識しましょう。

 

長時間座ってることが多い方は、骨盤矯正のクッションを使用すると、体に負担をかけずに猫背を効果的に矯正することができます。日々の生活の中で、自分の姿勢の癖を見極めて、猫背や前傾姿勢にならないように対処しましょう。

 

ほうれい線の改善は日々の生活で意識して!

 

20代でもほうれい線が目立ってしまう原因は、日頃の生活習慣などが大きく影響しています。スキンケアや姿勢など、ポイントを押さえて対処すれば、お肌の状態は徐々に変化し、ほうれい線が目立たなくなっていきます。

 

20代のまだまだ肌自体の免疫力が高いうちに、しっかりケアして気になるほうれい線を一掃しましょう!