ほうれい線 寝不足

美肌のためは睡眠を!ほうれい線を悪化させる寝不足のリスク

あなたは毎日どのくらいの睡眠をとっていますか?
ほうれい線が目立つようになる原因はいくつか挙げられますが、寝不足もその原因の一つです。

 

美容や健康にとって、睡眠をとることは重要なポイントになりますが、慢性的な寝不足が続くとお肌にはどのような影響が現れてしまうのか、今回は寝不足が与える肌への影響についてご説明していきます。

 

寝不足でほうれい線が悪化する原因

 

睡眠時間はお肌にとって、とても重要な時間です。私たちの体は寝ている時に成長ホルモンを分泌します。この成長ホルモンによって、日中受けた肌ダメージを修復し、免疫力を高める働きをしています。

 

肌の生まれ変わりのもこの成長ホルモンが影響しており、新しい細胞が生まれることで古くなった細胞がどんどんと押し上げられ排出されていく、お肌のターンオーバーを促す働きも担っているのです。

 

しかし寝不足が続き、充分な睡眠がとれなくなってしまうと、成長ホルモンの分泌が減少してしまいます。慢性的にこのような状況が続くと、肌のダメージ修復ができにくくなり、免疫力が低下してしまうため、ターンオーバーも乱れることになります。

 

肌のターンオーバーが乱れると、様々な肌トラブルが生じるようになりますが、古い角質が肌表面に蓄積してしまうことで、ハリや弾力を維持するために重要なコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどが生成されにくくなり、徐々に減少してしまうのです。

 

寝不足により肌のターンオーバーが正常に行われなくなるとハリや弾力が失われ、肌がたるみやすい状態となり、ほうれい線ができやすくなります。20代はまだまだ肌自体の機能が高い時期ではありますが、寝不足により肌の老化を進行させる原因になってしまいます。

 

慢性的な寝不足になるとホルモンバランスも乱れやすくなり、肌トラブルだけでなく、心身的に悪影響を与える原因になってしまいます。
美容と健康のためにも、毎日しっかり睡眠をとることが重要です。

 

寝不足を解消!ほうれい線の悪化を防ぐ質の良い睡眠とは…

 

気になり始めたほうれい線を改善するためには、まず寝不足を解消することが重要なポイントになります。ただ寝るだけではなく、美肌のために良い影響を与える質の良い睡眠にこだわってみるのも良いのではないでしょうか。

 

睡眠にはゴールデンタイムと言われる時間帯があり、その時間に睡眠をとることで、最も多く成長ホルモンが分泌され、肌の免疫力や代謝を高めながら、ほうれい線などの肌トラブルの改善に導いてくれます。

 

一般的に睡眠のゴールデンタイムは22時~翌2時と言われているので、できればこの時間帯に睡眠をしっかりとっておきたいものですが、忙しい毎日の中でなかなか10時台に就寝することは難しいことと言えるでしょう。

 

そこでもう一つ注目しておきたいのが入眠からの3時間です。この時間帯も重要な睡眠のゴールデンタイムと言われており、入眠から3時間は睡眠の中でも最も深い眠りに入っている状態で、成長ホルモンの分泌が一番盛んにおこなわれている時間帯なのです。

 

そのため、睡眠時間が短くても入眠から3時間の睡眠の質を高めることができれば、肌や体の免疫力を高めていくことができるようになります。

 

睡眠の質を高めるためには、まず就寝する時間を規則的にして体内時計のバランスを整えることが重要です。翌3時を過ぎると体温が上昇し体が目覚める準備を始めるので、入眠3時間で質の良い睡眠をとるためには、最低でも0時までには就寝する習慣をつけましょう。

 

睡眠前にスマホやパソコンなどの強い光を浴びることで、寝つきが悪くなってしまうので、就寝の1時間前くらいから使用を控え、心身ともにリラックスできるように、ゆったりとした時間を過ごすようにしましょう。

 

睡眠前に体の状態をしっかり整えておくことで、スムーズに入眠できるようになり、一番重要なゴールデンタイムの3時間を、より効果的に質の良い睡眠をとることができるようになります。。

 

寝不足を解消してほうれい線のない美肌を目指そう!

 

睡眠のゴールデンタイムにしっかり質の良い睡眠をとることができれば、ホルモンバランスやターンオーバーが整い、ほうれい線のないハリのある美しい肌へと変化していきます。

 

質の良い睡眠をとるためのポイントを押さえることができれば、短い時間でも十分寝不足を改善し、美肌を維持することができるようになります。
ぜひ今日から睡眠の質を意識して、寝不足による肌トラブルを回避しましょう!